身近な「箸」の様々な魅力に迫る~気になる種類や用途、素材、名入れについて

身近な「箸」の様々な魅力に迫る~気になる種類や用途、素材、名入れについて

私たちは、食事をするときや料理をするときなど、あらゆる時に「箸」を使います。
日本で使用される箸は、これまで長い間受け継がれてきたシンプルな見た目以上に実用的で便利な道具です。
これまでとても身近過ぎて、あまり意識して使ってこなかった方も多いかもしれませんが、箸の種類や用途、さらには素材などに様々な魅力を持つところが、
日本人が箸を愛用してきた理由とも言えるべき所以でもあります。
今回は、私たちが普段何気なく使っている箸の魅力を、さまざまな観点から紐解いていきましょう。
魅力を知ることでこれまで以上に箸を大事に使おうという気持ちが沸いてきますし、大切な家族や友人への贈り物として箸をプレゼントすると喜んでもらえます。
それでは早速、箸を購入する前に知っておきたい箸の基本についてご紹介します。
 
 
箸の基本 その壱:種類や用途について
私たちが毎日のように使う「箸」には、用途によってさまざまな種類があります。
例えば、家庭で使う食事用の箸は、角形や塗り箸などのデザインが豊富な「片口箸」はよく目にするお馴染みの箸です。
大衆食堂などの飲食店でもよく利用される「割り箸」は、元禄型、小判型、利休型、天削(てんそげ)型、丁六型と、
それぞれ材質や形状により種類が異なります。
中でも、天削型の割り箸は料亭やおもてなし用として使用され、利休型の割り箸は茶事用として使用されます。
お正月や結婚式などの祭祀用には、「両口箸」と呼ばれる両端の先が細くなっている形状の箸を使用します。
使い捨ての両口箸は、祝い箸とも呼ばれ末広がり八寸という縁起のいい長さになっています。
ここでご紹介した代表的な箸の種類のほかにも、形状や用途の異なる種類の箸がたくさんあります。
使用する目的に合わせて箸を使い分けることで、箸の使い方やマナーなどをより深く理解することができます。
 
箸の基本 その弐:素材について
「マイ箸」といって、普段から自分だけの専用箸を常に持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。
一口に箸といっても種類によって用途や使用感なども異なるため、マイ箸選びをするときにはどういった素材でできた箸であるかを知ることも大切です。
箸の素材に多いのが、「漆塗り」、「木箸」、「プラスチック」です。
天然素材である漆を塗り重ねて作る箸は、耐久性が高いことが魅力であり、品物によっては削り直しや塗り直しを行うことでより長く使えるようになります。
木箸は、三角形や四角形、五角形・・・と、さまざまな形状を楽しめることが特徴です。
天然資源である木材には、吉野杉や檜、白樺、竹などを使います。
耐久性に富んだ箸を作るためには硬い広葉樹を用いることが多いのですが、年々その希少価値が高くなりにつれ価格が高額な木箸もたくさんあります。
角が多い箸は、箸に慣れていないお子さんも使いやすい形状になっているためお誕生日プレゼンに贈ると喜ばれます。
プラスチック製の箸は、他の箸に比べてより値段も手頃なことが魅力でもあります。
食洗器で洗うことができるといったメリットがありますが、箸先の滑りやすさを防ぐためにも滑り止めが付いているものを選ぶのがおすすめです。
 
箸の基本 その参:長く大切に使うための正しいお手入れ方法
素材や用途に合わせてお好みの箸を見つけたら、できるだけ長く大切に使うためにも正しいお手入れ方法を抑えておきましょう。
はじめにまず、素材によっては食洗機が使えない箸もあるため注意が必要です。
一般的に、高温や乾燥に弱い漆塗りや木箸は水分を吸ってしまい、曲がりやすく傷つきやすい特質を持つため取扱いには特に気を付けましょう。
そして、箸がふやけたり、変形したりする原因にもなる長時間の浸け置きやごしごし洗いは絶対に避けましょう。
尚、【茶屋長三郎彌助】で人気の箸セットである「若狭塗り箸」や、紫外線にも強い硬くて丈夫なMR漆を使った「極細箸」は
食洗機で洗えるといった魅力があります。
箸の素材によっては頑丈で長く使える商品も多数あるため、普段の使い方や用途に合わせて箸の選びを工夫していきましょう。
 

おすすめの店舗

 茶屋長三郎彌助  

「感激と感動を生む」名入れ箸・夫婦箸名入れ・名入れ扇子・名入れ箸なら茶屋長三郎彌助。
父の日や母の日のギフト、誕生日プレゼントにもおすすめです。